混成競技後のリカバリーについて

ブログ

今日は、混成競技後のリカバリー期間について書こうと思います。

今回は、2日完全レストを取って、今日から練習を再開しました。

七種競技後は思った以上に身体が疲れているので、再開のタイミング、メニューの選択、回復具合の見極めはかなり難しいです。主観的に「よし、もうすっかり回復したわ」と思って再開すると、まだ回復が足りずに怪我や体調不良につながることもあるので、注意が必要です。

混成はとてもいい練習になりますが、クレイジーな負荷がかかっているので、いい練習として次につなげるためには、この回復期間まで考慮に入れることが大切だと思います。
回復は十分だが、練習を休みすぎていない、いい塩梅が難しいので、未だに自分の中でも「これが正解」というのはありません。

今日はというと、七種後にしては、筋肉や腱の痛みも少なく、比較的身体が動く方だったので、2時間ほどかけて、走ったり投げたり伸ばしたりと、全身満遍なくしっかり動かしました。(大きな大会ではなく、リラックスした七種だったので、回復が早かったのだと思います。)

Yoga 40min
Jog10min
メディシンボール投げ 10本*10set
ドリル
流し 120m*2
スパイク流し 120m*2

疲労感はありますが、痛みが無いのははなまるです◎

金曜までは、メニューを固定しすぎず、
今回の体力テスト兼強化練からの回復具合を見ながら、メニューを決めていきます。

疲労が抜けてきたとき、どのように身体が変化しているかが、楽しみです。

コメント